新着情報

3階・4階・5階浴室リニューアル工事完了のお知らせ

2021年4月15日

 3階、4階、5階の浴室リニューアル工事が無事に完了しました。壁材は耐久性の高いパネル、床材はクッション性のあるシートを採用しました。天井、浴槽、水栓器具類、手すりを一新し、新たに室内ヒーターを設置しています。入浴用リフトは縦軸・横軸の天井レールを導入し左右どちらの浴槽にも入浴可能になりました。今後も患者様にとってより安全に安心してご使用頂けるよう環境整備に努めて参ります。5月末までの工事予定ですが引き続きご協力のほどよろしくお願い致します。

スパイダー導入のお知らせ

2020年11月6日

 2020年4月にバランス訓練のための新たなリハビリテーション機器「スパイダー」を導入しました。スパイダーは、身体に装着する留め具付ベルトとベルトから外側に向かって張られたゴム紐を固定する枠「ユニバーサルフレーム」で構成されています。もともとは1993年にNorman Lozinski(ポーランド)が考案し、脳損傷等でバランスが障害されている患者さんに対して、重力を軽減し姿勢制御の訓練する治療機器として開発されたものです。身体から外側に向かって張られたゴム紐が蜘蛛の巣のように見えることからスパイダーと命名されました。国内では脳性麻痺を中心に小児のリハビリテーション施設で広まっていますが、成人の脳卒中にも応用できることを確認し、当院でも導入しました。まだ試行錯誤の段階ですが、体幹失調や片麻痺のバランス改善に効果が出ていることを実感しています。今後も患者さんの回復につながる機器を積極的に導入していきたいと考えています。



レジャー用のボウリングセットを寄贈いただきました

2020年8月25日

 この度、笹塚ボウル(株式会社 京王興産)様より、レジャー用のボウリングセットをご寄付いただきました。米国から直輸入された本格的なものですが、ボウルは軽くて、筋力が弱った方や車椅子の方でも投げられそうです。
 余暇時間のレクリエーションで、入院患者さんに楽しんでいただけるよう、大切に使わせていただきます。



2020年度 初台リハビリテーション病院『納涼祭』中止のお知らせ

2020年6月12日

日本国内において新型コロナウィルスの感染例が確認されていることから多くの人が集まる行事は集団感染が危惧される状況にあります。
そのため毎年8月に開催しております初台リハビリテーション病院『納涼祭』につきましては、患者様、ご家族様、関係者及びスタッフの健康・安全面を第一に考慮した結果、開催を中止とさせていただきます。
納涼祭を心待ちにしてくださっていた方々もいらっしゃるかと思いますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。

院長 菅原 英和



2020年度入社式を行いました

2020年4月13日

 2020年4月1日入社式を行いました。今年度の当院への入職者数は55名(看護師14名、介護福祉士6名、理学療法士18名、作業療法士11名、言語聴覚士5名、栄養士1名)。法人全体では128名の新入職員を迎え入れました。
 法人全体での入社式は新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から中止とし、密閉、密集、密接に注意をしながら病院ごとに行いました。入社式及び新人研修は集団感染のリスク分散を目的に2グループに別けて実施する対策をとりました。