入院のご案内

入院までの流れ・手続き

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーションを必要とする患者さまを担当する病棟です。
日常生活活動(ADL)の向上、寝たきりの防止、家庭復帰を支援します。
リハビリテーションプログラムを医師、看護師、ケアワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー等が共同で作成します。

入院までの流れ

  1. 入院申込書FAX
  2. ご家族による入院相談
  3. 入院日決定のご案内
入院の対象となる疾患

① 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症後2ヵ月以内
② 外科手術、肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有している方で、手術後又は発症後2ヵ月以内の方
③ 上記の①、②に準じる状態の方、を対象としています。

  
当院の入院の対象となる患者さま

当院は、東京都在住の方を対象としております。また、入院受付から実際の入院までに時間がかかりますので、上記の疾患発症後1ヶ月以内の相談(申込書ファックス)をお願いしております。上記住所以外、発症後1ヶ月以上、下肢の骨折等の運動器リハビリは特別病棟の対象となりますのでお問い合わせください。

  
判定会議

入院中の病院のご担当医から、診療情報提供書、血液検査データ、ADL表(所定のものは無し)をファックスでお送りいただき、判定会議(月~金)にて入院の受け入れの可否を決定します。必要に応じて病状確認をさせていただいたり患者さまの診察に伺うこともあります。

*入院相談専用FAX 03-5365-8514 ⇒ ADL表(PDF)

  
ご家族による入院相談(予約制)

判定会議後、ご家族に、当院のサービス、条件を知っていただき、入院の意思確認をさせていただく目的で入院相談にお越しいただきます。特別なご希望がなければご本人の来院は必要ありません。ご家族からソーシャルワーカー宛に電話でご予約下さい。相談後、正式に入院の予約となります。

入院相談予約電話(代表) 5365-8500(月~土 8:30~17:30)
入院相談 月~土の午前中(9:30~、9:45~、10:00~)・予約制
入院相談日に、下記資料をお持ちください。
・患者さまの保険証類

入院日決定のご案内

入院日が決定次第、日時をご家族とご担当医へお知らせします。入院前日には、当院チームマネジャーから入院中の病棟へ電話にて状態を確認し、入院体制を整えてお待ちいたします。

  

入院手続きについて

入院当日は午前10時までに1階総合受付においでください。担当者がお迎えにまいります。

手続きに必要な物

  • 健康保険証及び各種医療証
    ※限度額適用認定証、身体障害者手帳、介護保険証など
  • 入院誓約書
  • 同意書など
  • 保証金(個室料金の15日分)
  • 発症時のレントゲンフイルム
  • お薬(現在服用中のお薬)
  • 退院時サマリー他、病院から渡される書類

入院中のご相談について

当院は、総合相談窓口を1階に開設しております。経済的なこと・制度関係の手続き・今後の生活の不安等ソーシャルワーカーに相談があるとき、個人情報・情報開示に関すること、どこに相談したらよいかわからないときには、お声をおかけください。

全館禁煙のお願い

禁煙のお知らせ

当院では、平成17年4月1日から敷地内禁煙とさせていただきました。
私ども医療機関は、皆さまの健康を守ることを使命としており、これまでも皆さまには禁煙をお勧めしてまいりました。
また、皆さまを受動喫煙からお守りすることも私どもの義務であると思っております。皆さまのご協力に感謝します。